2006年07月28日

マイホームを探す前に。

下は以前にお客様向けに作った冊子の結びです。
まんま引用しましたが、これからマイホームを
探される方には是非読んで頂きたいです。

V6010007.JPG

「家を買うことは素晴らしい!」
と言いながらも、実際には転勤の多いお客様や、
将来、実家を相続できるお客様には、
「家は売るときには値下がりしていますから、
買わない方がいいですよ。」という事は、
当社では珍しくありません。
ですから、厳密に言うと、
家を買うという事が素晴らしいというよりも、
家を買うために、自分や家族の幸せの形について
考えること、話し合うことが素晴らしい
というのが正解でしょう。
 でも、家に限らず、
「これさえ買えば大丈夫。」
「どなたでもきっとご満足頂けます。」
というキャッチコピーを見るたびに、
これは嘘を言っているな。と確信してしまいます。
人によって、満足の形は、幸せの形と同じように
一人として同じであるはずは無いからです。
それでも、同じ形の大量生産される商品は、
どんなメリット、デメリットがあるのか
購入者の体験を聞くことで予測ができますが、
一つとして同じものが無い不動産は、
予測ができません。
解答は、他の人の体験でなく、
お客様の内側にあるのです。
そこが面白いところですし、
探すときには苦労の連続かもしれません。
お客様が契約の時に見せる笑顔は、
購入の喜びで無く、
苦労からの解放による安堵の表情なのかも。 

 童話「青い鳥」をご存じですか?
チルチルとミチルが幸せの青い鳥を探して、
過去や、未来や、欲望や、裕福といった世界を旅して
「幸せの青い鳥」を探しますが、
どこにもいません。
見つけても旅の途中で色が変わったり、
死んでしまって、なかなか家に持って帰れません。
長い旅をしますが結局見つからず失望して家に帰ると、
なんと最後に自分の家で「幸せの青い鳥」を見つけます。
でも、きっと「幸せの青い鳥」は、初めから
チルチルとミチルの家にいたのでしょう。
幸せを探す旅をして、
幸せの形が何なのかを追求することで、
初めて見ることができたのだと思います。
 家を探す旅は、正にチルチルとミチルの旅です。
お客様が主人公となり、旅を始めて下さい。
苦労の連続かも知れませんが、大丈夫。
チルチルとミチルの水先案内人をしていた
人の言葉を話す犬やネコはいませんが、
私達がご案内致します。
どんなに道が困難でも、長い道のりになっても。
楽しく旅が続けられるように、
一緒に楽しんで探していきましょう。

不動産情報ポータル:ドリームゲート
posted by U-kai(とも) at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。